水萌えそば:信州の手打ちそば・手碾そば《磊庵》らいあん・はぎわら          佐久市岩村田南西ノ久保2426-1  TEL : 0267-67-6661

磊庵の蕎麦
home >お品書き >手碾そば

手碾そば



手碾きそば
980円

信州蕎麦の文化をつなぐ

信州では昔から各家庭でソバをつくり収穫した後、玄ソバを石臼にかけ手で ゴロゴロと回し製粉した。ずいぶんと手間暇のかかる製法です。

そばを打つのは一家の主婦の仕事で、玄蕎麦を挽くのは子供の仕事でした。 ソバは荒涼とした土地でも育ち、米の作れない土地で作られました。米の作れな い飢饉の時代にソバ作りを奨励したという歴史もあります。

佐久地方では昔から客人のもてなしにそばが良く打たれました。詩人“山頭火” が佐久を訪れた時その家の主人自らそばを打ちもてなしたそうです。 山頭火の詩にもなりました。

らいあんの手びき蕎麦は太くしっかりした蕎麦で、噛みしめて食します。 粗びきの為ソバの実が残り噛みつぶした時に“風味” と “甘味“が感じられ そして蕎麦に「味」があるのに気付きます。
「あ~ !これがほんとうの信州そばだ」 と思われることでしょう。

(数量限定)

戻る

―普通のソバ起源と日本への伝来― ソバの起源に関する研究は1990年代に入り中国雲南省から四川省にかけてであると京都大学の大西近江教授が確認しました。(この野生種の発見に7年以上の歳月を費やしたそうです)。  普通ソバは中国南部の雲貴高原から中国大陸からモンゴルルートと揚子江ルートを伝わり対馬を経由して日本に入ったとされる。


営業時間
homeお品書き磊庵について世界そば紀行磊庵のブログアクセスリンク・観光