煮こじ蕎麦《磊庵》らいあん・はぎわら          佐久市岩村田南西ノ久保2426-1  TEL : 0267-67-6661

磊庵の蕎麦
home >お品書き >煮こじ蕎麦

煮こじ蕎麦(中山道街道蕎麦)


煮こじ蕎麦マスコット

煮こじ蕎麦
          1,480円

佐久伝統料理と信州そばのハーモニー

「煮こじ」とは、冠婚葬祭などのご近所の寄り合いの際に、大根や人参など各家庭で採れた野菜や凍み豆腐等を持ち寄って作る、佐久に昔から伝わる郷土食です。

そして「煮こじ蕎麦」は中山道の街道蕎麦として佐久地域のお蕎麦屋が協賛して作ったそばです。

らいあんでは野菜(大根、人参)、手作り凍み豆腐(地元矢島産)、こんにゃく等を地鶏(県内産)のスープで味付けをしました。佐久を代表する郷土料理です。



戻る

―普通のソバ起源と日本への伝来― ソバの起源に関する研究は1990年代に入り中国雲南省から四川省にかけてであると京都大学の大西近江教授が確認しました。(この野生種の発見に7年以上の歳月を費やしたそうです)。  普通ソバは中国南部の雲貴高原から中国大陸からモンゴルルートと揚子江ルートを伝わり対馬を経由して日本に入ったとされる。


営業時間
homeお品書き磊庵について世界そば紀行磊庵のブログアクセスリンク・観光